設備紹介
設備紹介

診療機器のご紹介

当院では、安全で良質な皮膚科診療を提供するため、以下の機器を使用しています。

紫外線照射装置

紫外線照射装置

紫外線照射装置(JTRAC)を準備しています。

皮膚へのダメージ(日焼け、発癌等)を起こしにくい特定の波長の紫外線を高出力で照射できる装置です。
県北のクリニックでは当院が初の導入となります。
対象となる疾患は白斑、乾癬、アトピー性皮膚炎、痒疹他が対象となります。ただし、光線過敏の方、免疫抑制剤の使用中の方は使用できません。

詳しくはこちら

ダーモスコープ

ダーモスコープダームライト

当院では、J.Hewitt社製のダーモスコープを2台準備しています。

日常の診察に聴診器のように使用するタイプと、デジタルカメラで電子カルテに記録することのできるタイプを準備しています。足底のほくろで心配な悪性黒色腫の診断や、その他の皮膚疾患をより迅速に正確に診断することができます。

詳しくはこちら

超音波画像診断装置(体表エコー、ドップラー機能付)

超音波画像診断装置

GE社製のvenue50を準備しています。

皮膚腫瘍(皮膚線維腫、粉瘤、毛母腫等)、皮下腫瘍(脂肪腫、血管腫、リンパ管腫等)、血栓症(深部静脈血栓症、血栓性静脈炎)、リンパ節炎などの診断、評価に有用です。皮下膿瘍、皮下嚢腫の穿刺にも使用します。

バイタルモニタ

紫外線照射装置

オムロンコーリン社製の生体情報モニター、BP-A308を準備しています。

患者さんの急変に対応するために、安全に処置、日帰り手術を行うために準備しました。この一台で血圧・SpO2・心電図・体温・呼吸数・心拍数・脈拍数・不整脈検出・ST計測が同時に行えます。

クライオスプレー(冷凍凝固療法)

クライオスプレー

クライオプロを準備しています。

液体窒素を用いた冷凍凝固療法を安全に確実に行うのに有用な機器であります。
また、患者さんの疼痛も綿球法に比較して軽度であるといわれています。脱毛症の治療にも有用であります。広範囲、多数の病変の治療も円滑に行えます。

詳しくはこちら

手術用照明器

手術用照明器

手術用の照明として、スカイルッククリスタル(山田医療照明株式会社)を設置しています。

外科手術の際、術者の手元に影を作らず照射できる照明器具です。光源はLEDでありながら正確な「赤」を表現するため、医師が患部の病変を発見しやすく、さらに、術部の無菌状態を保つことができる設計です。

詳しくはこちら

院内のご紹介

当院では、小さなお子様やお体の不自由な方、ご高齢の方、忙しい働く世代の皆さまに受診しやすい環境を整えられるよう努めてまいります。

※画像をクリックすると大きく表示されます。

車いすの貸し出しのご案内

当院では車いすを2台準備しております。車いすが必要な方は受付にお声かけをお願いします。また、お手伝いが必要な方もお気軽にお声かけをよろしくお願いします。

授乳スペースのご案内

当院では授乳が必要な方に授乳するスペースを準備いたしております。必要な方は受付にお声かけをお願いします。